ウルフ北村の「本日の一句」  ジョギングで筋肉が落ちる?

はい、本日もやって参りましたウルフ北村のコーナーですsun

 

今回のテーマは

「ジョギングで筋肉が落ちる?」

です。

なんと言いますか、実に物騒なタイトルですね(笑)

 

ダイエットのために毎日ジョギングをしているという人は多いと思います。

そんな人に聞いてみたい事があります。

「なんでジョギングをしているんですか?」という事です。

 

おそらく

「20分以上運動しないと脂肪は燃えないから」

・・・大体こう返ってくるでしょう。

 

そんな人たちにもう一つ聞きたいです。

「それって本当なんですか?」と。

 

 

はい、結論から言うと、これはデマですdown

 

 

体脂肪は、1分の運動でも30秒の運動でも燃えているんです。

人間はロボットではないので、20分を過ぎた瞬間に脂肪が燃え始めるなんてありえません(笑)

 

 

「その時のコンディションにもよりますが、おおよそ20分を過ぎた辺りから

糖質よりも脂肪をメインのエネルギーとして使うようになる。」

というのは正解です。

 

 

ここまでは、有酸素運動の良い点です。

しかし、有酸素運動には悪い点もあるのです。

それは、「筋肉が減る」という事ですdown

 

 

筋肉が減る理由は

有酸素運動が

①筋肉を分解するホルモン(コルチゾール)のレベルを慢性的に上げてしまうから

②脂肪と共に筋肉もエネルギーとして使うから

です。

 

筋肉が減るという事は、当然基礎代謝が下がります。

つまり、痩せたくて走っているのに

筋肉が落ちて代謝が下がり

かえって太りやすい身体になっていくわけです。crying

 

結論として

「脂肪を落としたいならジョギングより筋トレ」

という事になるのです。rock

 

ここで本日の一句

 

「ちょっとまて

        そのジョギングに

                   意味あるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 施設紹介
  • トレーナー紹介
  • アクセス案内
  • オンラインショップ
  • よくある質問
  • お申し込みの流れ
  • コース料金案内
  • スタッフブログ
  • マサミシーブリリアント
  • アメリカン・ドリームマッサージ
  • アメリカン・ドリームマッサージ